• トロント留学センターのLINE
  • トロント留学センターのFacebook
  • トロント留学センターのtwitter
  • トロント留学センターのinstagram
  • トロント留学センターのyoutube
  • 日本オフィス電話番号日本オフィス 0120-4192-09
  • トロントオフィス電話番号トロントオフィス +1-647-860-6332

Quest Language Studies Core English Programクラスレポート

学校情報

2018.07.09

quest
アットホームでアクティビティも盛んなQuest Language Studiesのとある1日の授業内容をお伝えします。

活気あるダウンタウンの中心地に位置する学校

トロントのダウンタウンにあるCollege駅から徒歩数分のところに学校があります。さすが、ダウンタウンの中心地というだけあって、学校の周りは活気であふれています。建物の1階に入るとすぐに受付があり、スタッフの方が笑顔で挨拶をしてくれます。受付があるフロアには、学生ラウンジがあり、学生たちはそこで販売されているマフィンやコーヒーなどを片手に勉強をしたり、友達との会話を楽しむことができます。また授業後には、そのスペースでNetFlixを鑑賞するなど、学生がリラックスして英語に触れられる機会がたくさんあり、和やかな雰囲気が漂っています。

私が受講していたクラスは、Questの一般英語コース、Core English Programです。Core English Programでは、午前中に文法とスピーキング、午後には選択科目の授業があります。クラスの平均は季節にもよりますが、私のクラスはどちらのクラスも12名程度でした。

1日の授業の始まりは文法クラスから。

1日の授業の始まりは文法クラスから。テキストに沿って1週間に1単元ずつ学習していきます。さてこの日は全日のやり残しが宿題となっていたため、その答え合わせをしました。先生が生徒1人1人順に当てチェックしていき、全ての回答が出揃ったところで、再度理解ができなかった部分について質問する時間がもらえたので、しっかりと文法のポイントを抑えることに成功しました。その後、その日の単元について説明され、例文の読み合わせや例題を1問ずつ確認していきました。文法の授業ですが、ただ説明を受けるだけでは無く、英文の音読があったり、積極的に質問をしたり出来るため、リーディングやスピーキング強化にも繋がる授業だと思います。

さて1コマ目の文法の授業を終えると、2コマ目から4コマ目はスピーキングの授業です。スピーキングの授業がスタートして真っ先に行われるのが、”How are you?”と”What did you do yesterday?”の質問への答えを先生とクラスメイトに伝えること。先生はとても気さくで、生徒をニックネームで呼んだり、生徒1人1人のバックグラウンドや性格を熟知しています。もし、私たちが答えに詰まってしまった時などには、より生徒に身近なトピックを投げかけてくれるなど、誰もが英語で発言できる環境を提供してくれます。
全員が発言を終えると次は、ボキャブラリーの強化が始まりました。配布プリントには約10個のイディオムや単語が記載されており、それらの意味を先生が説明していき、全ての説明が終了した後、学んだ単語に関する穴埋め問題を説いていきました。ネイティブが日常会話で使う言い回しや単語について学習していくことができるためスピーキングで使う表現の幅が自然と広がっていきますね。

続いては、テキスト内の質問に対する自分の意見をペアで交換し合いました。十分に話し合った後は、自分たちのまとめた意見を発表する場が設けられました。その際に文法や発音のミスがあった場合は先生が優しく指導してくれたため、自分の間違いに気づくことができました。この時に教わったことをメモしていくことで、自分の弱点を発見する手助けになると思います。

海外ドラマから学ぶイディオムの授業に挑戦!

授業の最後には、毎週行われるプレゼンテーションの準備を開始しました。こちらもペアで行い、出されたテーマや質問項目についてどのように発表内容をまとめていくかについて2人の意見をすり合わせていきました。金曜日には、クラスメイトの前に立ち、自分たちのテーマについて発表しなければならない、さらには英語能力を先生によって採点されるというプレッシャーもあり、どの生徒も真剣に取り組んでいました。この日、私のペアは時間内に発表文の作成を完了することができなかったため、2人で相談して各自、家で調べものをすることにしました。宿題が1つ追加されてしまいましたが、淡々と課題をこなすだけでなく、英語が母国語でない私たちが英語で物事の進捗状況を相談し、決定していく過程を踏むことはかなりコミュニケーションスキルの上達に繋がると感じました。
スピーキングの授業の後、昼食をはさみ開始されるのが、選択科目の授業です。私は、海外ドラマから学ぶイディオムの授業に挑戦しました。提示されたイディオムは難しく、授業開始時には、ほとんど意味が分からなかったのですが、授業を通して参考書では習わないネイティブスピーカーが使う会話表現を学ぶことができました。この授業で学んだイディオムを使えるとぐんっと会話がナチュラルになると感じています。

Questの先生たち

最後に、Questの先生たちの印象やクラスの雰囲気についてお話したいと思います。
Questの先生は、明るくユニークな先生が多いことが特徴です。そのため、しばしば隣のクラスから大きな笑い声が聞こえてきて、楽しさを分けてもらう機会がたくさんあります。また授業中には、先生がクラス内を回り、生徒の疑問や質問に答えてくれるので、他の生徒の前での発言が恥ずかしいと感じてしまう日本人の生徒にも優しい環境が整えられています。ただ、クラスにも慣れてくるとみんな自発的に発言していたことが印象的です。この部分に関しては授業の至る場面で自分の意見を言うという機会があることが大きいのではないでしょうか。活気があり楽しい環境が好き、でも1つ1つしっかりと英語を学びたいという方にピッタリな学校です。
  • ツイートする
  • LINEで送る

お問い合わせ

日本オフィス電話番号日本オフィス

0120-4192-09

受付時間10:00~19:00

トロントオフィス電話番号トロントオフィス

1-647-860-6332

月~金10:00~18:00(トロント時間)

Copyright © DEOW Education Canada, Inc all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約