• トロント留学センターのLINE
  • トロント留学センターのFacebook
  • トロント留学センターのtwitter
  • トロント留学センターのinstagram
  • トロント留学センターのyoutube
  • 日本オフィス電話番号日本オフィス 0120-4192-09
  • トロントオフィス電話番号トロントオフィス +1-647-860-6332

【英語初心者の為の】空港のチェックイン編【フレーズ集】

留学準備

2018.11.21

questions こんにちは、トロント留学センターです

今回書いていきますのは……!

空港で使える英語フレーズ集!

日本を出国してカナダのトロントへ渡航する際、バンクーバーやアメリカなど他国を経由してカナダへ入国する場合、すでにそこはもう異国の地。もし乗り継ぎ空港で航空会社が変わる場合等、もう一度航空会社のチェックインカウンターでチェックインをする必要があります。
空港によっては日本語が堪能な職員や日本人の方が働いていたりすることもありますが、基本的に海外では日本語は通じません……。

そこで。

最低限これだけ覚えておけばチェックイン、荷物預入ができる!というフレーズ集を載せていきますので是非ご活用ください。
太字表示をしているものはリスニングする際に注意して聞き取って頂きたいポイントとなります。この単語が聞こえたら「この質問かな?」と気付けるように注意してみてください!

まず、チェックインカウンターを探します。

空港はとても広く、特にハブ空港(乗り継ぎ便が多い空港)はバス移動が必要なほど広かったりします。MAPを見つけてもいまいちピンとこなかったり、もし見つからない場合は空港スタッフの方にこのフレーズを使いましょう!

Excuse me. Where is the “航空会社名” check in counter?
すみません、”航空会社名”のチェックインカウンターはどこですか?

また、空港でよく見かける表示も載せておきます。

  • Departures(出発便)
  • Arrivals(到着便)
  • Transfer/Connection Flights(乗り継ぎ)
  • International(国際線)
  • Domestic(国内線)
  • Boarding Gate(搭乗口)
  • Immigration(入国)
  • Security Check(手荷物検査)
  • Baggage Claim(荷物受け取り)
  • Currency Exchange(外貨両替)

そしてチェックインカウンターを見つけたらパスポートと、お持ちであればeチケットのコピーを準備していざカウンターへ!
ビザもしくはeTA(米国経由の場合はESTAも)を提示する必要もありますので、コピーなどの持参を忘れずに!なお、ワーキングホリデービザ、学生ビザで入国される場合はeTAが付加されていますので、申請の必要はありません。

I’d like to check in, please?
Check in, please?
チェックインをしたいのですが。

するとたいていはこのような返事が来ると思います。

”Where” are you flaying today?
本日はどちらまで行かれますか?
What’s your ”final destination”?
あなたの目的地は?

To Toronto.
トロントです。

Are you checking any bag?
預入荷物はありますか?
How many bags would you like to check in ?
いくつ荷物を預けますか?

Yes, I have one suitcase to check in.
はい、スーツケースを一つ預けます。

そして計量器へ乗せるよう促されます。

Please put on the scale.
計量器に乗せてください。

計量時、航空会社によっては1つのスーツケースの重さは20キロ、または23キロと規定があります。もし超過していた場合

Your bag is “heavy”.
Your bag is “overweight”.
重量がオーバーしています。

と言われます。時に100ドル以上かかる超過料金。
超過料金を支払うか、スーツケースから荷物を数点抜き出し手荷物として持ち込む事となります。もし手荷物に余裕があるのであれば、少し整理するといいかもしれません。
その場合はこちら!

Could I take a few things out?
荷物をいくつか取り出してもいいですか?

荷物を取り出す為に使用できる棚が備えてあったりする空港もありますので遠慮なく言ってみましょう!
また、もしあなたが目的地までA空港→B空港→C空港と乗り継ぐ場合、一度B空港で荷物を受け取り、再度預け入れの為のチェックインが必要になるかもしれません。ですので、このチェックインカウンターで「荷物は最終目的地まで届くのか」「途中でチェックインしなおす必要があるのか」確認することをお勧めします。

Is my baggage checked in to my final destination?
私の荷物は最終目的地まで届きますか?

一つ一つゆっくりでもしっかり発音すれば伝わるはずです。慌てず焦らず、自分が確認したいこと、わからないことはしっかりと聞きましょう!

そしてチケットを受け取ります。搭乗ゲートの番号、航空機の型番、自分のシートが書かれたチケットを受け取り、次にボディチェックエリアへ進むことになります。ここは日本と同様貴金属や持ち込み荷物を出してX線に通す流れとなります。

いかがだったでしょうか?海外に来て一番最初に英語を使う場面は、もしかすると空港かもしれません。その時の為に上記の一例を覚えて頂けましたら幸いです!

注意事項として、まれに空港では「この荷物はあなた自身で詰めましたか?」「誰かから荷物を預かったりしてませんか?」と聞かれる事があります。
僕は羽田空港で確認されたことがありました。もし誰かから「荷物を預かってほしい」と言われても受け取ってはいけません。荷物がちょっとだけ重量オーバーしちゃってさー、中でまた返してくれれば大丈夫だから!なんて言ってきたり、手口は様々なようです。しかしその荷物がドラッグであったり銃器の場合もありえます。空港職員に見つかった場合、疑われるのは所持しているあなたとなりますのでくれぐれもご注意くださいね!

僕は英語力がほぼない状態でカナダへ渡航しましたが、語学学校へ3ヶ月通い少しずつ英語に慣れていきました。必ずあなたに合った留学方法があるはずです。
英語に自信がない方も、一歩ずつ進んでいきましょう♪

それではまた次回!
  • ツイートする
  • LINEで送る

お問い合わせ

日本オフィス電話番号日本オフィス

0120-4192-09

受付時間10:00~19:00

トロントオフィス電話番号トロントオフィス

1-647-860-6332

月~金10:00~18:00(トロント時間)

Copyright © DEOW Education Canada, Inc all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約