• トロント留学センターのLINE
  • トロント留学センターのFacebook
  • トロント留学センターのtwitter
  • トロント留学センターのinstagram
  • トロント留学センターのyoutube
  • 日本オフィス電話番号日本オフィス 0120-4192-09
  • トロントオフィス電話番号トロントオフィス +1-647-860-6332

カナダ英語とアメリカ英語の違い

留学準備

2020.07.08

canada
私たちが学校の授業でならうのはアメリカ英語。カナダ人の話す英語はCanadian Englishと呼ばれ、アメリカ英語とは少し違う点があります。カナダの英語はアメリカ式、イギリス式が混ざった言語と考えると良いと思います。
各国の英語の違いを、特に留学生の多いカナダ、イギリス、オーストラリアを中心にみてみましょう。

各国の英語の違い

日本の国内にも方言や訛りがあるように、英語にも国や地域で違いがあります。それぞれの国特有の英語がありますので、まずは特徴をチェックしてみましょう。

usa_flag

アメリカ英語

単語と単語をつなげて発音するliaison(リエゾン)に特徴があります。gonna、wannaなど省略して話すことが多く、その影響でかなり話すのが早く聞こえることもあります。学校などで習う英語はアメリカ英語です。
canada_flag

カナダ英語

誰にでもわかり易い癖のないニュートラルな英語と言われています。発音はアメリカ英語とほとんど区別がなく、スペルやボキャブラリーにイギリス英語が混ざっています。特徴的な言葉に「Eh?」というものがあります。
uk_flag

イギリス英語

一つ一つの単語をはっきり発音する特徴があります。発音、スペル、言い回しなどにイギリス英語特有のものが多く、イギリス映画をアメリカ人が見てもわからないこともあるとか。
au_flag

オーストラリア英語

Aussie English(オージー・イングリッシュ)と呼ばれ、ei(エイ)の発音がai(アイ)と発音することで有名です。スラングや独自の表現が多く、例えば、Helloの代わりに、Good dayが使われます

カナダ英語とアメリカ英語の違い

「カナダ人の英語は綺麗で聞き取りやすい」とよく耳にしますね。
移民が多いという歴史的な背景のあるカナダでは、誰にでもわかり易く癖のないニュートラルな英語が使われ、外国人のつたない英語に対しても寛容です。これらの理由から、カナダの英語はわかりやすいという表現をされてるのです。
アメリカ英語の発音とほとんど同じで、英語圏のネイティブ達(特にイギリス人、オーストラリア人、ニュージーランド人など)でさえも、カナダ英語とアメリカ英語区別ができない人も多いと聞きます。
では、どんな違いがあるのでしょうか??

発音のちがい

「o」の音

「hot」や「not」などに代表される「o」の部分の音。アメリカ英語では、「ア」の音を口を横に大きく広げて発音しますが、カナダ英語ではもう少し口をすぼめるため、日本語の「オ」に近い音に聞こえます。
この違いから、アメリカ英語とカナダ英語の違いによく挙げられるのが「About」の発音の違いです。
アメリカ人が「アバウト」と発音するのに対して、カナダ人はどちらかというと(大げさに言えばですが)「アブート」と発音します。とはいえネイティブ同士でわかる程度の違いのようです。

「z」の音

「hot」や「not」などに代表される「o」の部分の音。アメリカ英語では、「ア」の音を口を横に大きく広げて発音しますが、カナダ英語ではもう少し口をすぼめるため、日本語の「オ」に近い音に聞こえます。
この違いから、アメリカ英語とカナダ英語の違いによく挙げられるのが「About」の発音の違いです。
アメリカ人が「アバウト」と発音するのに対して、カナダ人はどちらかというと(大げさに言えばですが)「アブート」と発音します。とはいえネイティブ同士でわかる程度の違いのようです。

スペルの違い

スペルはイギリス英語を踏襲しているものが多いです。その一方で、語尾が 「〜ize」で終わる動詞は、イギリスのように「〜ise」とせず、アメリカ英語と同じという特徴があります。カナダへ留学した際、カナダ英語に影響されてカナダ式スペルにするのは良いことですが、アメリカ式スペルとカナダ式スペルを混ぜないように注意しましょう。

アメリカ カナダ イギリス
color colour colour
中心、中心地 center centre centre
小切手 check cheque cheque
お気に入り favorite favourite favourite
認識する realize realize realise
組織する organize organize organise

ボキャブラリーの違い

スペルと同じく、ボキャブラリーもいくつか時にイギリス英語の単語を使ったりアメリカ英語の単語を使ったりします。カナダ-アメリカ間ではそこまで大きな違いはないので間違えても通じることが多いですが、アメリカ、カナダ、イギリスで全く違う言い方をする単語も存在するので注意しましょう。

アメリカ カナダ イギリス
蛇口 faucet tap tap
ナプキン table napkin serviette serviette
ガソリン gasoline gasoline petrol
地下鉄 subway subway underground/tube
トイレ bathroom, restroom washroom public toilet/loo
通貨 dollar dollar pound
炭酸飲料 soda pop fizzy

カナダ特有の表現

「 ~eh? 」

「~だよね?」という表現の仕方の英語、学校では「isn’t it?」や「aren’t you?」とならったのではないでしょうか?カナダ人がよく使う英語の表現として「~eh?」という表現を使います。イギリスでは「~、isn’t it?」や「~, aren’t you?」を使い、アメリカではよく「~right?」という言い方がされます。

「 Double-Double 」

カナダ人の憩いの場、Tim Hortonsでは、オーダーの時にコーヒーに入れるクリームとシュガーの量を聞かれます。「ダブル・ダブル」とお願いすると、コーヒーにクリームとシュガーをそれぞれスプーン2杯ずついれてくれます。結構甘いですが、寒い時にはついつい飲みたくなってしましますよ。

最後に

国や地域ごとに使う英語は違いますが、大切なのはどこの英語が良い悪いではなく、どんな英語とでもコミュニケーションをとれること。違いがわかると面白みも増してきますのでぜひほかにも調べてみてくださいね!
  • ツイートする
  • LINEで送る

お問い合わせ

日本オフィス電話番号日本オフィス

0120-4192-09

受付時間10:00~19:00

トロントオフィス電話番号トロントオフィス

1-647-860-6332

月~金10:00~18:00(トロント時間)

Copyright © DEOW Education Canada, Inc all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約