バンクーバー留学センターフリーダイヤル 0120-4192-091-604-349-0976

カナダ留学、トロント留学ならトロント留学センター。手数料無料、事前英会話無料レッスン、現地サポートオフィスあります!

カナダ初日の過ごし方

カナダに到着したら

plane-view-861x646

長時間のフライトも終え、ついにカナダに到着。ひと安心かと思いきや、ホームステイ等の滞在先に着くまでは安心できませんよね。ここでは、カナダ初日の過ごし方、トロント空港到着から滞在先に行く方法、滞在先で確認することや、生活必需品等についてなど、カナダに到着してから必要なことについてご紹介させて頂きます。参考にしてくださいね。

POINT1:空港到着

P1000554

入国審査を済ませ、自分の荷物を受け取ったら、滞在先まで行きましょう。トロントピアソン空港に到着したら、まずはじめに入国審査です。パスポート、ビザ申請書類、学校の入学許可証、滞在先の住所、海外旅行保険証等は必ず手荷物に入れてすぐに取り出せるようにしておきましょう。



空港送迎を申し込んでいる場合

エージェントまたはドライバーの方と、トロント空港の到着ロビーまたは空港内で待ち合わせ。ホームステイ先、シェアハウスなどまで、車で送迎してくれます。待ち合わせ場所、電話番号等の連絡先は紙に印刷して用意しておきましょう。もし、会えなかった場合は、トロント空港のWIFIを使って連絡する、または空港スタッフ等に手伝ってもらい電話をかけましょう。

自分で滞在先まで行く場合

自分で滞在先まで行く場合はタクシーまたはトロントの公共交通機関を使いましょう。しかし、荷物が多い場合は地下鉄やバス、路面電車などの公共交通機関を利用すると、移動が大変になることもありますのでご注意ください。公共交通機関を使う場合、トロントについてからは携帯電話が使えない場合があるので、事前に乗り換え等を調べておきましょう。

【タクシーで行く】

タクシーで行く場合はトラブル等を防ぐため、必ずタクシー乗り場から乗りましょう。

Note

タクシーの中には白タクと呼ばれる違法タクシーがあります。これに乗るとトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、声をかけられても乗らないようにして下さい。また、白タクはタクシー乗り場には停まれませんので、必ずタクシー乗り場から乗ってトラブルを回避しましょう。



【公共交通機関を使う】

◆ UP エクスプレスでダウンタウンまで行く

UPエクスプレスとは、トロントピアソン空港からユニオン駅までを走る電車です。これを使用することで、短時間で空港からダウンタウンまで行くことができます。
空港直結のUPエクスプレス乗り場へ行き、行先までのチケットを購入してから乗車する。

ブロア駅で下車し、徒歩約4分のダンダスウエスト駅で地下鉄に乗り換える。
ユニオン駅で下車し、地下鉄に乗り換える。

◆ バスと地下鉄を使ってダウンタウンまで行く

バスに乗る場合は現金で3.25ドルちょうどの金額を支払うか、トロント空港内でチケットを買ってから乗りましょう。乗車したら、トランスファーチケットをもらうのを忘れずに。乗り換えの時に必要になります。

また、詳しい公共交通機関の乗り方は、下記のリンクに書いてありますので参考にしてください。

192番バス エアポートロケットキプリング駅行に乗り、キプリング駅で下車し、地下鉄に乗り換える。
52番バス ローレンスウエスト駅行に乗りローレンスウエスト駅で下車し、地下鉄に乗り換える。


Note

滞在先へ連絡が必要な場合はトロント空港の無料Wifiを使って連絡しましょう。
空港には公衆電話もありますが、小銭やテレホンカードが必要だったりと、かけるのは難易度高めです。



POINT2 :滞在先に着いて確認すること

pagephoto_0002_Group 3

滞在先に到着し、自己紹介や挨拶を済ませたら、滞在先のルールを必ず確認しましょう。

ホストファミリー、シェアメイトによって生活スタイル、生活時間等が異なります。滞在先の生活スタイルを理解し、尊重することでお互いに快適に過ごせるように気をつけましょう。また、わからないことは遠慮なく質問するようにしましょう。帰宅が遅い場合の連絡の必要の有無、連絡先、食事、共有物等を確認しましょう。


  • ハウスルール

    キッチンやシャワー、洗濯機等の使用可能時間帯は家のタイプや滞在先によって異なります。事前に確認し、各滞在先にあわせて生活するようにしましょう。また、共有スペースやリビング、キッチンの家電の使用方法、食器等どれが使用可能なのかを確認しましょう。また、友達を招くことができるのかも聞いておきましょう。
  • 連絡について

    ホストファミリー、シェアハウスのオーナーまたはシェアメイトの連絡先を聞いておきましょう。各場所によって異なりますが、夕食がいらない場合または帰宅が遅くなる場合、帰宅しない場合等に連絡が必要な場合があります。連絡が必要な場合は必ず連絡するようにしましょう。
  • 洗濯について

    洗濯は毎日ではなく、週に1~2回が一般的です。洗濯はホストマザーが家族のものと一緒にやってくれる場合と、自分で行う場合があります。また、アパートタイプ等の家の場合は、施設内や外のコインランドリーを使用する場合があります。自分で行う場合は、使用可能な曜日や時間帯を確認して行うようにしましょう。
  • 食事について

    ホームステイ等食事がついている場合は、朝昼夕に何を食べていいのかを確認しましょう。食事の時間にホストファミリーがいない場合もありますので、先に確認しておきましょう。また、食事が口にあわない場合は素直に伝えましょう。
  • インターネットについて

    Wifi等のインターネット環境がある場合は、パスワードを聞いておきましょう。接続することで日本の家族等に連絡をすることができます。
  • 滞在先から学校までの交通手段の確認

    滞在先から学校までの交通手段はインターネット等で事前に調べて印刷しておきましょう。
    新しい場所に迷わずに行くのは、慣れないうちはなかなか難しいものです。また、当日学校の場所が分からないと、オリエンテーションに遅れてしまうかもしれません。

    登校日まで時間がある場合は、事前に学校の場所の下見に行きましょう。



POINT3 : 生活必需品・携帯電話等の購入

pagephoto_0001_Group 2
滞在先のルールも確認し、新生活のスタートです。まずは、生活必需品等を購入しましょう。
ボディーソープ、シャンプー等は容量が大きいのでなかなか持ってくることはできませんが、カナダのドラックストアで購入することができます。海外での生活必需品の購入は、はじめはどれを買えばいいか分からないかもしれません。もし分からなければ、店員さんに聞いて場所等を教えてもらいましょう。

生活必需品について

生活必需品(ボディーソープ、歯磨き粉、シャンプー、化粧品、デオドラント等)は自分で用意する必要があります。
ボディーソープ等は容量が大きいので旅行用等少量のものを日本から持参し、数日はそれを使い、現地で購入。ドラックストアで購入することができます。化粧品は肌に合わない場合があるので数か月分は日本から持参しましょう。
基本的に携帯の充電器は日本のものをカナダで使用することができます。しかし、ドライヤー等の電化製品は日本製のものをカナダで使うと故障の危険がありますので、現地で購入するほうがいいでしょう。

携帯電話について

携帯電話は日本からsimフリー携帯を持っていき、カナダの携帯会社でsimを契約する場合、携帯をレンタルして契約する場合、格安のスマホを購入する等の方法があります。

Note

日本からsimフリー携帯を持参する場合は、お持ちの端末が希望している会社の周波数に対応しているかを事前に確認することをお勧めします。国や端末によって電波の周波数が異なります。




トロント留学センターでは日本にいても、カナダ・トロントの渡航先でもサポートができますので気軽にご相談くださいね!

トロント留学センターお問い合わせ 留学・転校手続きから、ホームステイ、寮手配、インターンシップまでトロント現地オフィスからあなたをサポート カウンセリング予約 無料見積もりはこちら