バンクーバー留学センターフリーダイヤル 0120-4192-091-604-349-0976

カナダ留学、トロント留学ならトロント留学センター。手数料無料、事前英会話無料レッスン、現地サポートオフィスあります!

カナダのお金の種類とコインの両替について

 
  
   
カナダのお金の種類とコインの両替について

皆さんこんにちは!トロント留学センターです!😄

日本と違いカード社会のトロントに来て、キャッシュで支払いをする機会が減った方も多いのではないでしょうか?筆者は格段に減りました。たとえ$2~3の買い物でもカード(デビット)で支払います。しかし職場でもらうチップなど、キャッシュを一切持たないということはありません。
 
今回は、日本人に馴染みのないカナダ通貨、中でも硬貨について少しシェアしていきます。💰💵

 
 
 
 

紙幣、硬貨の種類

カナダで流通している通貨はカナダドルです。
まず紙幣は$5,$10,$20,$50,$100の5種類あります。

 

    

 

カナダの紙幣は、ポリマー素材でできているため、丈夫で汚れにくく、日本の紙幣とは質感や印象がかなり違います。

多くの場面でカードでの支払いが可能なカナダで、$50や$100札のキャッシュの使用頻度は多くありません。筆者は未だ経験ありませんが、防犯面からか$100札での支払いを店側に嫌がられることもあるようです。

次に硬貨は5¢, 10¢, 25¢,$1,$2の5種類です。

    

以前は1¢硬貨も流通していましたが2013年に廃止となり、1セント単位は二捨三入-七捨八入されることになりました。使う頻度として硬貨は$2、$1そして25¢が多いです。買い物やチップの他に、特にコインランドリーを利用する際は、必ずと言っていい程この25¢硬貨を使います。

 

硬貨の名前、愛称

続いてさらに硬貨を一つずつ愛称も合わせて見ていきます。

 

5セント/ニッケル(Nickel)
カナダの国獣、ビーバーの刻印。

昔はニッケル製だったためこの愛称が付けられました。

 

10セント/ダイム(Dime)
フランス語で10分の1という言葉が語源だそうです。

カナダで一番小さな硬貨です。10枚で1ドル。

 

 

25セント/クウォーター(Quarter)
1ドルの4分の1という意味でクウォーター。4枚で1ドル。
日本にはない単位の硬貨ですが、慣れると使いやすいです。

 

 

1ドル/ルーニー(Loonie)
カナダを象徴する鳥の名前ルーン(loon)が刻印されていることからこの愛称が付けられました。

 

 

2ドル/トゥーニー(Toonie)
Loonieがふたつ(two)で Toonieという愛称です。

裏側は全てイギリスのエリザベス女王です。

 

 

硬貨の両替について

次に、カナダで硬貨を紙幣に両替する方法についてご紹介します。キャッシュで買い物をしていると、どんどん硬貨が増えていきますよね。筆者は財布にコインがたくさん入っているのが好きではないので、家でジャーにすべて出して貯金していました。
そこで、実際にいくら貯まったのか知るためにカウントしました。そしてこのままでは使いにくいので紙幣にするか銀行のアカウントに入れようと思いました。さらに硬貨は日本円に両替するときには紙幣にする必要があります。
 
※こちらはTD Bankでの硬貨の両替の流れについて紹介しています。ほかの銀行では異なる点があるかもしれません。
 
まず、日本と違いATMでは硬貨は取り扱いされていません。数年前までコインカウンターというマシンがTDの各ブランチに設置され、コインの入ったジャーごと持って行ってマシンに投入するだけでよかったのですが、今はすべて撤去され、そのサービスは廃止されています。

もちろん今でも両替は可能です。その方法は、硬貨を指定の紙でロールして棒状にする、もしくはダララマなどで売っているケースにいれる、というものでどちらも窓口に持っていくと両替してくれます。
 
筆者は前者のコインローラーを使うことにしました。まず、近くのTDへ行き、両替したいことを伝え、硬貨をロールするための紙をもらいました。(無料です。) それぞれ硬貨によって指定のローラーがあり、大きさや柄が違うので見分けることは簡単ですが、ここで注意があります。
 
それは、硬貨によりロールする枚数が違うということです。
 
例えばニッケル(5¢)なら40枚、ダイム(10¢)なら50枚です。ローラー自体に何がいくら分束ねるのかが、全体に書かれているのでそちらを確認することをお勧めします。※数え間違いにも注意です。
 
こちらの写真を参考にしてください。
このように、何枚束ねるかは書かれていません。
それぞれ束ねることができれば後はまた窓口に持っていくだけです。筆者は持って行ったロールをTDのアカウントに入金してもらいました。このように家で作業する必要がありますが、手続き自体はとても簡単で、かかる時間は、もちろん窓口の待ち時間は日によって異なりますが、筆者が行った日は5分ほどですぐに終わりました。
 
ロールの枚数に満たない端数は両替できず次回の両替するときに繰り越すか、もしくは手数料が掛かりますがスーパーなどに設置されているコインカウンターを利用する必要があります。しかしたくさんあったコインが使えるお金になると、嬉しくて得した気分になります。(厳密には一切得はしていないのですが…)
 
面倒にみえる両替も結構簡単にできます。💰
この機会に、貯まった硬貨を両替してみてはいかがでしょうか?

 
コラム一覧へ
トロント留学センターお問い合わせ 留学・転校手続きから、ホームステイ、寮手配、インターンシップまでトロント現地オフィスからあなたをサポート カウンセリング予約 無料見積もりはこちら