バンクーバー留学センターフリーダイヤル 0120-4192-091-604-349-0976

カナダ留学、トロント留学ならトロント留学センター。手数料無料、事前英会話無料レッスン、現地サポートオフィスあります!

会計士になる!!

カナダの企業で監査業務に就くためには、CPA(Chartered Professional Accountant)の資格が必要です。こらは日本の公認会計士と同等の資格で、難易度と経験値は高いレベルを求められるものですが、独立して起業をすることも可能で、企業内としてのポジションはシニアアカウンタントやマネージャーとして高収入が見込まれます。日本の4年生大学卒業レベル(学部不問)が必要ですが、最終学歴が高校の場合でも、オンタリオのカレッジを卒業すればCPAからオプションが与えられます。一般的には、オンタリオ州の学校へ通い、会計機関に登録をして経験を積んだ後にCPAになる事ができます。カナダの場合、日本の公認会計士の資格がCPAに書き換える事ができます。
 

【オンタリオ州の学校へ進学】

  • オンタリオ州のカレッジに進学。

    過去に会計を学んだと事のない方でも、カレッジに進学する事で1から会計学を学ぶことが出来ます。ここでポイントになるのが、会計とビジネスを関連付けて学習する事が出来るという点です。カナダの企業で働くとなると、確実に北米の経済の流れや仕組み、特徴や傾向を学ぶ必要があります。カレッジの会計プログラムの中には、経済学を学ぶクラスも必須で含まれています。
  • 卒業後CPAプログラムに参加する。

    CPAの必須項目として挙げられる科目を熟すことで、最終試験の受験資格となります。弊社がおすすめするカレッジは、2年プログラムで必要項目の90%をカバー、3年プログラムで全ての科目をカバーする事が可能です。
  • 30カ月以上の現場実務経験(会計分野にて)を積む。

    日本の公認会計士と同じように職務経験が必要です。期間は30カ月以上と少し長めですが、CPAプログラムに参加する以前からの経歴も認められます。
  • 最終試験を受験。

    3日間に及ぶ最終資格取得試験を受験します。範囲は帳簿関係から法律を含め、会計士としてのあり方や問題解決の記述など全範囲から問われます。2年前にCPAのシステムに大きな変化があり、最終試験の中にグループプロジェクトが取り入れられました。一見個人プレーのようにも見える会計士ですが、企業に入るとチームでプロジェクトを担う事も少なくありません。
  • 晴れてCPA!!

    最終試験に合格するとCPAとしてオンタリオ州に登録が認められ、監査業務が可能になります。

カレッジ紹介

【Seneca College】

Program Accounting
期間 2年/4セメスター
スタート月 5・9・1月
卒業レベル Ontario College Diploma
授業料/年間(留学生) CA$14,088+別途教材費等
特徴 ビジネス分野に強く、学部問わず就職率の高い学校です。大学との提携もあり、プログラムによって大学への編入が可能です。York Universityと提携運営しているプログラムもあり、Senecaの学生はYork Universityの施設を利用する事ができます。特にこのAccountantのプログラムは質が高いと評判で、企業からも信頼されています。
学校サイト Seneca College

学校の所在地

住所 1750 Finch Ave E, North York, ON M2J 2X5
アクセス Finch駅からバス10分

トロント留学センターお問い合わせ 留学・転校手続きから、ホームステイ、寮手配、インターンシップまでトロント現地オフィスからあなたをサポート カウンセリング予約 無料見積もりはこちら